事前の情報収集力と準備力が合否を分けます!

転職を考えている医師の中には「久しぶりの面接ですごい緊張している」という方もいると思います。

「面接を受けるのは学生時代のバイト以来だ」という方も多いのではないでしょうか。

では、医師が転職の面接で失敗しないようにしておくべき準備と心構えについて説明します。

まず、入職を希望している先があると思いますが、面接を受ける前には、その希望している入職先のデータをしっかりと把握しておく必要があります。

どのくらいの規模の医療施設となっているのか。病床数はどのくらいあるのか。診療科はどの科目が強いのか。どれほどの施設が整っているのか、などの情報を事前に調べておきましょう。

事前に情報収集をしておけば、面接の際の質問などに戸惑うことがありません。

また、事前に面接官の情報も仕入れておけたらベターです。面接官はどういった性格の人なのか?を確認できたら対応しやすくなります。

自分一人で転職活動を行っている方は、なかなかこういった面接官に関する情報は入ってこないかもしれませんが、人材紹介サイトを利用すれば、コンサルタントから色々な情報を仕入れることができます。

想定される質問はいくつかありますから、事前に答えをまとめておくことも大切です。

そして、新しい職場ではどういった活躍をしていきたいのかを、しっかりとまとめ、情熱的かつ冷静に伝えることが必須。

「この人を採用すれば、うちの戦力となるだろう」と思われれば、採用の可能性は上がります。