医療スキルを上げたいなら施設が整っている大きな病院がおすすめ。

外科系医師の転職について説明します。

一時期は、若手の医師が不足がちだった外科系の医師ですが、現在でも外科系医師のニーズは高い状態が続いています。

特に、都心部では外科系医師が不足傾向にありますから、すぐに希望する転職先を探すことはできる可能性が高いです。

しかし、小規模の病院などでの求人は少なくなってきています。

外科系医師の場合には、「さらに自分の医療スキルを上げたい」と考えている方が多いでしょうから、やはり施設の整った病院への転職の方が、希望を叶えることができると思われます。

科ごとにご紹介すると、「消化器外科」や「肛門科」の場合には、ニーズは以前と変わらない状況です。

現在では、「人間ドック」や「検診」などでの求人が目立つようになってきています。

「心臓血管」や「呼吸器外科」では、とてもニーズが高まってきています。

「脳神経外科」の医師は不足がちな状態といえるでしょう。特に、都心では不足がちとなっており、ニーズは高くなっています。

「泌尿器科」のニーズは高めの状態。

「整形外科」や「形成外科」は少しずつニーズが高まってきています。

このように外科系医師の求人もニーズが高まっている状態。

特に、都心での外科系医師は不足してきていますから、転職先が見つかりやすい傾向にあります。