意外とデメリットが多いのが友人を介しての転職です。

「そろそろ医師としてのステップアップを考えている」という医者の中には、「転職も視野に入れて、今後の自分の可能性を追求したい」と考えている方もいると思います。

そんな医師なら転職先を探す時に自分のコネクションを使って探すのも一つの手段です。

長年、医師としての仕事をしてきているなら、既に信頼できる仕事仲間などがいるはずです。病院に出入りしている業者とのつながりも太くなっていることでしょう。

こういった仲間がいる人なら、「将来、自分はこんなことがしたい」「自分はこういう医者になりたい」という夢や願望、目標を話しておくことで、新しい職場の紹介の話を受けることもあります。

中には、「うちに来て働かないか?」と声を掛けてくれる人もいるかもしれません。

信頼できる仲間からの紹介であれば、安心して転職先に向かうこともできるのではないでしょうか。

しかし、紹介を通じて転職を行った場合には、必ずしも自分の希望が通るとは限りません。

たとえば、収入に関しては、自分の希望が通らないこともあります。

知り合いから紹介してもらっていることで、「年収の交渉がしにくい。諦めるしかないだろう。。」と思うこともあると思います。

また、紹介で転職先を見つけた場合には、紹介してくれた方のことを考えると、転職後「話が違う」と思っても、すぐに辞めることはできなくなります。すぐに辞めてしまったら、紹介してくれた友人に迷惑をかけることになりますからね。

このように知人の紹介を通じた転職はとても安心感があるものではありますが、紹介だからこそのデメリットもあります。

転職の紹介を受ける際には、これらのデメリットも理解した上で話を進める必要があります。