女医は結婚、出産、育児という人生のイベントが転職の機会になります!

医師として活躍している方の中には、女性の方もいると思います。

最近では、病院に行くと女性医師を見かけることも増えてきていますよね。

では、そんな女性医師の転職についてご紹介します。

どんな職業でも同じですが、女性の場合には環境が変わることで、働き方などを見直すことが必要となります。

結婚、出産、育児などの環境の変化によって、今までと同じようには働くことが難しくなりますよね。

女性医師の場合には、仕事の形態を変えていくことで、その環境に合った働き方をしていくことができます。

たとえば、お子さんが小さいうちは長く勤務することが難しいでしょうから、健康診断のセンターなどでの勤務も選択肢の1つです。

健康診断であれば、夕方4時前後に終わるところも多いですから、家事や育児と両立しやすいでしょう。

「もっと時間帯を短くしたい」という方は、アルバイトとして勤務することも可能です。

アルバイトであれば数時間の勤務でOKですから、お子さんが突然熱を出した時などにも、対応をしやすくなります。

お子さんが小学校などに上がってからは、クリニックなどの医師として勤務することで、土日祝日お休みが可能となりますから、お子さんの学校のイベントなどにも参加しやすくなります。

このように女性医師の場合には、その時々の環境に合わせた働き方を見つけることができます。

医師の資格は一生ものですから、一度現場を離れてしまっても仕事復帰が行いやすいというメリットがあります。