科目によって求人需要は違うので、転職しやすい科としづらい科があります。

医師として仕事をしている方の中には、産科や婦人科、麻酔科、小児科、精神科、皮膚科、眼科などの専門医として仕事をしている方もいると思います。どの科もとても重要な科ですよね。

では、これらの科の医師の求人ニーズは現在どのようになっているのか紹介します。

「産科」や「婦人科」は訴訟リスクの高い診療科となっているため、避ける医者が増えてきており、とても医師不足な状態です。

「婦人科」は妊娠だけではなく不妊治療などの幅広い治療も必要となりますから、高収入のところが多くなりますが、責任の大きさから避ける方も多く、ニーズが高くなってきています。

「麻酔科」は手術を行う際には必ず必要な科となりますが、非常勤勤務としての求人が多いのが現状です。当直、オンコールを軽減するため、様々な好条件の求人が見つけやすくなっています。

「小児科」や「小児外科」の場合には、医師不足がちな状況が慢性化しています。救急対応を行っているところも多いですから、勤務状況は過酷なところも多いです。

ストレスなどにより、最近では「精神科」や「診療内科」のニーズが高まってきています。

「精神保健指定医」も医師が不足している状態となっています。

「皮膚科」はアトピーや脱毛などの治療が増えてきていますが、求人はそれほど多い状況ではありません。

「眼科」は人気の高い科目となっていますが、以前よりも専門医としての知識が求められるようになってきています。

このように、科目によってニーズも変わってきていますから、それぞれの希望科目で情報収集をする必要があります。

転職サイトを使えば、そういった科目ごとの求人も見つけやすくなっていますし、最新情報も入りやすくなっているので、転職を考えているならぜひとも無料登録しておきたいところです。