育児短時間勤務制を上手に使って子供の時間を確保しましょう!

医師として仕事をしている方の中には、女性医師として活躍をしている方もいると思います。

女性の場合には「子供ができて仕事と育児の両立が難しくなってきた」と感じている方も少なくありません。

では、育児中の医師として働き方について紹介します。

最近では、女性医師の活躍も増え、とても喜ばしいですよね。

しかし、女性は環境の変化によって働き方も変えていくことが必要となります。

こういった女性のために作られたのが「育児短時間勤務制」です。

この制度は1週間に20時間から30時間ほどの勤務時間を短縮して勤務する方法となっており、育児中は仕事とプライベートの充実ができるように導入されました。

医療機関によって、勤務体制はそれぞれ異なると思いますが、中には当直が合ったりする方もいると思います。

「育児短時間勤務制」を利用すれば、当直や日直勤務の免除が行われるなど、とても働きやすい環境となります。

もちろん、育児がひと段落すれば、少しずつ元の勤務時間帯に戻していくこともできますから安心ですよ。

一度に請求できる「育児短時間勤務制」は1年が最長となっていますが、「もう少し子供との時間を作りたい」という場合には、その都度延長申請をすることで、伸ばすことも可能となります。

「勤務時間を短くすれば、周りに迷惑がかかるのでは?」と心配になる方もいると思いますが、お子さんとの時間と両立するために導入された制度となりますから、堂々と利用してOKです。

そうすれば、もっと女性医師が活躍しやすい環境づくりができるはずですよ。