「待遇が悪いから」という退職理由は辞めた方がいいですよ!

医師で転職を考えた時に不安となるのは「医局をスムーズに離れることができるだろうか?」ということではないでしょうか。

今まで、お世話になってきた職場でもありますから、誰だってスムーズに転職を行いたいものですよね。

医師の場合には、他の職種とは違い厄介なことも多いですから、転職よりも「辞められるか?」の方が不安かもしれませんね。

では、医師が転職する時にスムーズに医局を離れる方法を紹介します。

まず、1つめのポイントは「退職理由」です。

実際の退職理由は、「仕事がきつすぎて辛いから」「待遇が悪いから」という人もいると思いますが、退職理由は個人的な理由を挙げた方がいいです。

「体調が悪い」「親の面倒を見るために地元に帰らなくてはいけなくなった」など、個人的な理由を挙げるようにしましょう。

また、退局を申し出た際には引き留められることもあると思いますが、一度辞めると決めた以上はその引き留めには乗らないことも大切です。

「引き留めてくれるなら残ろうかなぁ」という思いがあるのであれば、まだ転職はしない方が良いでしょう。

2つのポイントは「退局を申し出る時期」です。

中には、1年以上退局までに時間がかかることもありますから、周りの状況も把握した上で申し出るようにしましょう。

同じ時期に、退局希望者がいる場合には、その時期は避けた方が無難です。

転職のためにスムーズに退局するためには、「退職理由」「退局を申し出る時期」を見極めて申し出るようにしましょう。